1. HOME
  2. 研修・入局案内
  3. 当科大学院生の感想文

当科大学院生の感想文

山田紗依子先生(平成25年 東京大学卒、平成29年度 大学院進学)

私は大学卒業後、市中病院での初期研修2年、同院膠原病科での後期研修2年を経て、大学院に入学させていただきました。
そもそも膠原病に興味を持ったきっかけは、初期研修での膠原病科ローテート中、救急受診された多彩かつ複雑な全身症状の患者さんを、膠原病科の先生が迅速に血管炎と診断し治療開始なさり、患者さんが後遺症なく軽快された経過に、感銘を受けたことでした。そして、後期研修では、実際に、治療抵抗例や診断がなかなかつかない症例を含め、多様な膠原病の診療に携わる中で、膠原病の病態をもっと深く知りたいと思い、母校のアレルギーリウマチ内科大学院に進学しました。
当科の大学院1年目は病棟担当医として病棟業務、2-4年目は研究を行います。病棟診療では、多くの先生方との議論の中で、患者さんごとの病態に則した治療選択が積極的になされているのが特徴的で、私も、少しでも患者さんのためになる治療選択をしたいという熱意を持って勉強をすることができました。また、病棟での臨床経験に基づく英語論文執筆の指導を受けられる環境は、当科大学院の大きな特徴の1つと考え、大変感謝しております。
大学院2年目以降は、研究に専念することができます。私は、関節リウマチの治療抵抗性の予測因子の探索を目的に、治療前末梢血の遺伝子解析を行ってきました。スーパーコンピューターを使った解析を大学院2年目から一から勉強し始め、最初は不安もありましたが、スーパーバイザーの先生から日々懇切丁寧にご指導いただき、また定期的な研究室の先生方との議論の機会もあり、非常に充実した時間を過ごすことができています。臨床で浮かんだ疑問を、基礎研究で解決していくことができる環境に、大きな喜びを感じており、当科の大学院で学ぶことができたことを本当に良かったと思っています。

高橋秀侑先生

私は市中病院での初期研修後、当科および都立駒込病院膠原病科で計3年間の後期研修を行ったのち、卒後6年目で大学院に入学しました。そもそもは不明熱などの診断学的側面に興味を持って総合診療要素の強い当科を選びましたが、実際に従事してみると、診断までの過程にとどまらず、長い間患者さんの人生を一緒に歩ませていただく内科ど真ん中の診療科であると気付き、誇りを持って取り組んで参りました。
後期研修中様々な先輩方の背中を見る中で、病態を考えて診療すること、より具体的に言えば「患者さんの体のどこに何がおきているか?」という素朴な目線で分析し続けることの力を感じました。そして、それを重視して診療しているうちに、自然と基礎免疫学の重要性に意識が向くようになり、大学院への入学を決めました。
大学院1年生の間は病棟研修でしたが、藤尾教授をはじめ、実際に研究で培われた免疫学の知識を臨床に統合している当科先輩方の姿を目の当たりにして、目指すべき臨床免疫家としての像を具体的に確認することができました。
2年生からは研究生活に入っておりますが、臨床教室でありながら、研究に専念できる時間を十分に確保してくれていることのありがたさを感じております。私自身は、これまで患者血液検体から蓄積されてきた当科データベースの知見を基に、実際に肺や筋肉など炎症局所での免疫細胞の振る舞いについて研究しております。研究自体は一筋縄ではいかないとまだまだ感じているところですが、臨床業務の中ではなかなか深めることのできなかった臨床免疫学の理解を、気がつけば自然と身に着けて来られていることに驚き、大学院に入ってよかったと思っております。
以上の通り、当科は臨床も研究も非常に魅力的な診療科です。ここで伝え切れていないこともたくさんあるので、是非一緒に働く中で共有していければと思います。皆様とお会いできることを楽しみにしております。

高橋悠先生 (平成26年東京大学卒、平成30年大学院進学)

私は市中病院での初期研修後、卒後3年目は東大病院の専門研修医として、卒後4年目は都立病院において臨床研修を積み、卒後5年目で大学院に進学しました。臨床で目の前の患者さんを治療し、その結果改善し日常生活に復帰されるお姿を見られることは非常にやりがいがあると感じつつ、普段の診療で治療している疾患の病態についてさらに深く理解したいと感じ、このタイミングの進学を決意しました。入学後、1年目は病棟診療を行い、2年目から関節リウマチ患者の滑膜線維芽細胞の病的性質獲得の機序解明というテーマで、FACSや顕微鏡を用いた実験を進めています。大学院2-4年の3年間は研究に専念できる環境に身を置けるため、自分の研究テーマはもちろん、実験手法、免疫学、bioinformaticsについて、同じ研究室の先生方からご指導を受け、さらに自分でじっくり論文を調べる時間を持てたことは今後のキャリアにおいても非常に有意義な経験になると考えています。また、私は1年目の時に出産、子育てをしながらの大学院生活となりましたが、周りの先生方の暖かいご支援、サポートをいただき学生としても、母としてもどちらも非常に楽しく充実した毎日を送っています。医局に関しても、様々なバックグラウンドの大学院生が在籍し、アットホームな雰囲気で、実験の合間におしゃべりをして、お互いを励まし合ってまた実験に戻ることもしばしばです。リウマチ膠原病疾患をさらに深く勉強したいとお考えの先生方、ぜひ研究、臨床でご一緒にお仕事しましょう。

河野 正憲先生(平成23年 東京大学卒、平成27年度 大学院進学)

私は初期研修終了後、膠原病科の後期研修医として2年間他院で勤務し、医師5年目で大学院に入学しました。後期研修では優秀な指導医、同僚と議論しながら数多くの膠原病患者さんを診療する機会に恵まれ、臨床医学への興味は尽きないものでした。
しかしながら、教科書通りには治療が進まない症例や診断がつかない症例も経験し、「疾患名」ではなく「病態」を考えながら治療することの重要性を痛感しました。「免疫学」は好きではあったのですが、臨床業務をこなしながら、臨床に活かせる程度に深く勉強する時間を得られずに苦しい思いもしました。
膠原病に対する治療方法は、近年目覚ましい進歩を遂げています。しかし特定の薬剤が実際の患者さんに本当に有効か否か、使ってみるまでわからない、という現状も少なからずあります。これらの状況を改善したいと考え大学院の入学を決めました。
4年間ある大学院博士課程のうち1年目は病棟業務を行い、2-4年目の3年間で研究を行います。現在私はマウスを用いて全身性エリテマトーデスの研究を行なっています。今まで研究に従事した経験がなく、右も左も分からない状態から研究を開始しましたが、指導教官の指導や議論を通じて実験手技、思考方法を無理なく身につけることができました。
当大学院の特徴として、患者さんの末梢血を用いた遺伝子解析(バイオインフォマティクス)と、マウスを用いた基礎免疫学の両者を行なう点が挙げられます。私の実験テーマも疾患感受性遺伝子から見つかった候補をターゲットとしています。最終的に疾患の治療、疾患の克服を目指した研究を行なっていますので、マウスデータのみに終始することのない研究環境は理想的なものであると考えております。
リウマチ学は研究と臨床が近い位置にあります。そのため、研究指向の人はもちろんのこと、今後臨床に専念する予定でも、大学院での研究は有意義だと考えます。
残りの期間でさらに研究を進め、リウマチ学、膠原病学の進歩に少しでも役立てるよう努力したいと思います。

このページの先頭へ